賃貸物件を借りるにあたり大きいお風呂を求めるなら、田舎と都会では家賃相場に大きな違いが有ります。
大都会の賃貸物件は、家賃が高いについて。

大都会の賃貸物件は、家賃が高いについて。

賃貸物件の家賃相場は、場所で大きく変わって来ます。田舎は安い傾向に有り、都会は高い傾向に有ります。また基準も違っています。あなたが今現在住んでいる住居のお風呂は広いですか?狭いですか?浴槽は大きいですか?小さいですか?実は、このお風呂は重要になって来ます。我が家のお風呂は、大きいです。これが普通だと幼い頃から思っていました。しかし、大都会に住んでいる親戚の家のお風呂は凄く小さいでした。都会では、それが普通なのだそうです。標準サイズの感覚が、田舎と都会では異なるようです。田舎者の私の思う普通サイズのお風呂が欲しい場合は、もっと家賃の高い場所じゃないと駄目らしいです。田舎の常識と都会の常識は、全く違うという事です。

私は、賃貸物件について考えてみました。家賃5万円という部屋を基準に考えてみます。田舎では、5万円だと立派な部屋です。むしろ田舎では、3万円という家賃が普通に存在します。同じ家賃5万円でも田舎と都会では、クオリティーが違うという事になります。都会では、お金を倍出さないとイケない感じが私には有ります。何故なら都会人の感覚と私の感覚では違いますから、私は部屋の広さより水周りが大事だと思っています。お風呂、トイレ、台所、ここが狭いと息が詰まります。結論から言えば、都会はお金が掛かるという事が言えます。もちろん安い賃貸も有りますが、場所次第という事なんでしょうねぇ。

注目リンク



Copyright(c) 2016 大都会の賃貸物件は、家賃が高いについて。 All Rights Reserved.